フラット35の利用前のつなぎ融資なら【余裕がなければ住宅ローン】

記事リスト

住宅ローンの柔軟な活用

財布

引渡し前の融資を考える

長期固定金利型の住宅ローンであるフラット35は、購入対象となる住宅の引渡し時に融資の実行が為されます。このシステム故に、引渡し以前に支払いが発生する可能性の高い着工金・中間金・土地代金等に対しては、融資の代金を充てる事が出来ません。そこでこれらの料金を支払う為につなぎ融資の利用を考えたいところですが、フラット35ではつなぎ融資が受けられない原則となっています。そこで、少し違った角度からの融資を検討する必要があります。1つはフラット35を申込んだ金融機関に対して、別枠で独自のつなぎ融資を受ける方法です。手元資金がある程度ある場合には融資金額が少なくて済み、比較的借り易いのがメリットとなります。但し飽くまで独自の融資である事から、各金融機関で金利や手数料の設定が異なります。比較的短期・低額での借り入れとなるので、少し高めに設定されがちと言えます。一方、よりダイナミックな方法としては別の金融機関から住宅ローンを借り入れ、これをつなぎ融資に充てると共に、フラット35の融資実行後にその資金で返済するという方法があります。遠方への引越し等を伴うケースで、現地の金融機関との信頼醸成を行いたい場合にも活用出来るケースです。この場合は住宅ローンも長期固定で借りるのが一般的で、金利・手数料を年利1%前後に抑えられる可能性があります。但し借り入れが多額にあるので審査のハードルがやや高まる、全体の手続きが煩雑になるという側面は考えられます。