フラット35の利用前のつなぎ融資なら【余裕がなければ住宅ローン】

記事リスト

引渡し前でも費用が必要

貯金箱

上手なローンの組み方

住宅を購入する際に検討しなければならないのが、住宅ローンの利用についてです。マイホームは生涯最大の買い物であるため、自己資金だけで賄える方はほとんどいません。フラット35に代表される住宅ローンやつなぎ融資を上手に利用することで、納得のいく買い物をすることができます。マイホームを建てる時にはどんな費用が必要か、正確に把握されていますか。雑誌やチラシに間取りと費用が記載されているのを目にすることがありますね。その価格は大抵は購入代金のみです。購入後にその代金を住宅ローンで返済していくことになりますが、ここで注意しなければならないのが、フラット35などの住宅ローンは、建物が完成した後でなければ融資を受けることができないという点です。建売住宅でればそれほど気にすることはないですが、注文住宅であればよく検討しなければなりません。土地の購入や工事着手金、中間払い金などで資金が必要となるからです。この際に活用できるのがつなぎ融資です。つなぎ融資とは、先に述べたマイホームが完成するまでに必要となる資金を準備するためのものです。もちろん建売住宅でも引渡し前に費用がかかるケースもありますから、ここで述べた基本的な内容を知っておくのがよいでしょう。つなぎ融資でも、フラット35などと同じく手数料や金利負担が必要となりますので、よく考えて利用するようにしましょう。一般的には、住宅引渡し前まではつなぎ融資を利用し、引渡し後はフラット35に切り替えるという手順になります。