フラット35の利用前のつなぎ融資なら【余裕がなければ住宅ローン】

記事リスト

電卓

自宅にいながら簡単借入れ

ネットキャッシングは、使い勝手の良さで知られる金融商品であるキャッシングをインターネット経由で利用できるサービスです。自宅にいながらにして利用申込みや審査の手続きを済ませることができ、借入金は金融機関に振り込んでもらえます。

貯金箱

引渡し前でも費用が必要

マイホーム購入後のフラット35などの住宅ローンの返済についてはみなさんよく検討されると思います。しかし、実際は住宅が完成するまでにも費用が必要となるケースも存在します。その際にはつなぎ融資の活用も視野に入れて検討しましょう。

お金

24時間いつでも借入れ

すぐにお金を借りたいけれど近くに消費者金融業者の店舗がない、あるいは深夜なので開いていない、などといった場合に便利なのがネットキャッシングです。24時間いつでも申込み可能で、借入金は口座へ振り込んでもらえます。

財布

住宅ローンの柔軟な活用

フラット35は、その融資自体はつなぎ融資に使う事が出来ません。対応としては短期的な借り入れで別枠の融資を受ける、住宅ローンを別途組んでフラット35で返済するという方法が考えられます。両者には金利等の相場や借り易さに違いがあります。

電卓

お金の借り方色々

ネットキャッシングは借り入れ返済計画を立てて利用すれば生活を豊かにしてくれます。急な出費もネットからの申し込みでいつでも簡単に、即座に振り込んでくれるので便利と言えます。返済額も借り入れ金額によっては少額ですみますから、月々の返済も負担が少なくてすみます。

住宅ローンを賢く使う

円

引渡しまでの費用の準備に

マイホームを購入する際に考えなければならないのが、住宅ローンです。住宅ローンを賢く利用できるかどうかが、住宅購入後の生活の満足度を左右します。今回は、フラット35でのつなぎ融資について考えてみましょう。住宅ローンでフラット35を選択した場合、融資が開始されるのは住宅が引き渡されてからです。立売や中古の場合は特段問題となりませんが、注文住宅の場合は土地の購入費用や工事開始のための着工金、中間払いが必要な時もあります。自費でカバーできれば問題ないですが、資金に余裕がなければ住宅ローンに頼る必要があります。この際に利用するのがつなぎ融資です。注文住宅でフラット35でのつなぎ融資を受ける際は、以下の流れとなります。まずは、住宅を建てたい土地を購入し、その購入代をつなぎ融資で準備します。フラット35は土地代のみの場合は利用できませんので、別の住宅ローンを選びましょう。土地が決まった後に住宅の契約を取り交わしたら、フラット35での借入手続きに進みます。住宅はまだ引き渡されておりませんので、審査を受ける段階です。住宅の契約を結んだ際、着工金や中間払いの条件が含まれていたら、その費用もつなぎ融資で準備します。マイホームが完成して引渡しとなったらフラット35の融資を受け、翌月以降から住宅ローンの返済が開始されます。以上の内容は簡単な概要説明に過ぎません。人生における最大の買い物ですから、利用にあたっては詳細を調べるようにしてください。